<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

巨人・中日頂上決戦へ

日本シリーズ出場権を争うクライマックスシリーズ、セ・リーグの第1ステージは、レギュラーシーズン2位の中日が、同3位の阪神を下して2連勝し、巨人との第2ステージへと駒を進めました。

2位が3位を下したのですから、至極順当な結果ですね。巨人もナイター紅白戦を行いつつ、調整は順調とのこと。熱の入った試合が見られることでしょう。

第2ステージは5試合制ですので、3勝先取が日本シリーズ進出への至上命題。18日から東京ドームで開催される緒戦に鍵がありますね。


【PR】フラワーギフトの専門店。キャラクターのフラワーギフトも人気です。
Gift de お花屋さん
のなか通信管理人 * +巨人軍日記 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

5年ぶりのセ・リーグ制覇

先程ホテルに戻ってきて、ニュースで知ったのですが、巨人が5年ぶり31度目のリーグ優勝を決めました。めでたし、めでたしです。

ところが私はと言うと、過去に例がないほどの多忙さに目を回しております。
のなか通信管理人 * +巨人軍日記 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ここに来てマジック点灯!

今日の試合で中日が阪神に負けたことで、試合のなかった巨人に残り2試合でマジック2が点灯しました。

巨人は10月2日のヤクルト戦まで試合がありませんが、日曜と月曜に広島カープが頑張って中日に勝つと、決まっちゃうかもしれません。

試合消化が早かったので、どういう結果にせよ巨人にマジックは点灯しないと思っていただけに、このマジックは力強いものがあります。

今日現在、20本塁打以上が由伸(35)・慎之助(33)・小笠原(30)・李(29)・二岡(20)の5人もいて、チーム本塁打はもちろん、チーム打率と得点数もリーグ1位、防御率も決して悪くない(リーグ2位)のだから、もっと楽に勝てるはずなんだけどなぁ。犠打の少なさを見ると、やはり戦略面がネックなのかな。

ともあれ巨人の5年ぶりのリーグ優勝はあるか?


【PR】安価でいろいろできちゃう私の一押しレンタルサーバーです



のなか通信管理人 * +巨人軍日記 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

由伸ちゃん残留へ

我が家で巨人軍入団当時から「由伸ちゃん」と呼ばれてきた高橋由伸選手も今年で32歳、FA権取得選手です。その高橋由と球団の交渉が行われているそうです。

シーズン中交渉という異例の扱いは、球団も松井さんのFA時で懲りたせいかな。提示条件は「4年で16億円」とも言われていますが、松井さんがNYYへ去った後、5年連続で選手会長を務めるなど、文字通りチームの支柱になっている訳です。

怪我をしやすい印象は拭えませんが、それも好守備の裏付けと言えるかもしれません。攻撃面では、今季はトップバッターとしてプロ野球新記録となるシーズン9本の先頭打者本塁打を記録し、中心打者として3割・26本塁打と活躍中です。

クライマックスシリーズ進出は規定路線として、5年と遠ざかっている優勝の為にも、球団としても最大限の誠意を見せた感じです。本人もFA権取得時に「このチームで育ててもらったと思っているし、このチームに恩返しをしたい」と語っていました。

でも、個人的には入団会見時のブスッとした表情が今でも忘れられません(笑)。


【PR】フラワーギフトの専門店。キャラクターのフラワーギフトも人気です。
Gift de お花屋さん
のなか通信管理人 * +巨人軍日記 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

高橋由&尚がブレイクスルー!

前半終盤に首位を滑り落ち、後半戦に入っても若干厳しい状況の巨人に明るい話題です。

初回、1番・高橋由伸が2試合連続で今季9本目となる第23号先頭打者本塁打をレフトスタンドへ放ちました。

これまでの初回先頭打者本塁打記録は、福本豊・石毛宏典・緒方孝市ら5人が8本で記録していましたが、いずれ劣らぬ名選手ばかりです。

もっとも高橋由伸は、個人的には4番を任せたい選手ですので、1番という打順でこの活躍は当然とも感じます。

さらにこの試合は、2-4で横浜に勝利したのですが、高橋尚成が試合をものにし、ハーラー単独トップとなる11勝目を上げました。この11勝も自己最多ですので、32歳の両高橋が壁を打ち破った感もあります。

巨人はこの勝利で久々の首位に返り咲きました。しばらくは4チーム(巨人・中日・横浜・阪神)が団子状態でしょうが、ここからの1ヶ月が優勝争いに大切な季節です。


【PR】安価でいろいろできちゃう私の一押しレンタルサーバーです
263円からのナウでヤングなレンタルサーバーロリポップ!
のなか通信管理人 * +巨人軍日記 * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

リーグ20勝1番乗り

現在首位ということも手伝ってか、久しぶりに巨人戦を見ました。

試合は0-8で巨人が勝ったのですが、先発の久保は終始ピリッとしませんでした。味方の援護と好守、そしてヤクルトの拙攻に助けられて、8被安打9奪三振で何とか今季2勝目。これが5年目にして初完封というおまけつき。

以前、ヤクルトを応援していた時期もあった私としては、時折映る古田監督の苦い表情が見ていて辛かったです。投手も揃わず、打線も重厚感がありませんからね。試合の前半はマスクをかぶって、後半に采配を振るってはいかがなものでしょうかねぇ。

さてさて、途中交代の小坂選手の気持ちの良い守備に魅せられながら、最後まで集中してみることができました。

これでリーグ20勝1番乗りの巨人軍ですが、一所懸命に野球をやっている姿はやはり良いものですね。ね、二岡さん?


【PR】フラワーギフトの専門店。キャラクターのフラワーギフトも人気です。
Gift de お花屋さん
のなか通信管理人 * +巨人軍日記 * 01:41 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

春の椿事?

投打で2人の高橋君が活躍しています。4月を終えて、27試合を16勝11敗、勝率.593の首位。昨年同様、スタートダッシュを決めました。

打では、1回に今季早くも3本目の先頭打者本塁打した高橋由伸。一昨年4月29日以来2年ぶりの1試合2本塁打も記録し、巨人生え抜きの選手会長として存在感をアピールしていました。

投では、無傷の5連勝を決めた高橋尚成。これまでの防御率は、なんと脅威の0.45。抜群の安定感を放っています。彼は少しケツに火がつかないと頑張らないタイプかな。今季こんなに活躍するとは…。

さらに上原が終盤に登板。ピリッとはしなかったものの、やっとシーズンの開幕といった感じです。

この3人は、誕生日がほぼ一緒の1975年4月2日(高橋尚)と1975年4月3日(高橋由・上原)の32歳働き盛り。性格こそ全く違いますが、何となく同じ雰囲気を感じるのは私だけでしょうか。今季の巨人の浮沈をこの3人が与っているといっても過言ではありません。

今後もこの3人の活躍に期待大です。とりあえず首位での4月終了で、気持ち良く新緑の5月を迎えられそうです。


【PR】フラワーギフトの専門店。キャラクターのフラワーギフトも人気です。
Gift de お花屋さん
のなか通信管理人 * +巨人軍日記 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

セ開幕・巨人辛勝!

いよいよ球春、セ・リーグの開幕です。横浜スタジアムでの巨人対横浜戦は、1点差の開幕ゲームを巨人がものにしました。

高橋由伸外野手が1回表、先頭打者で横浜先発の三浦の初球をライトスタンドへ運んで先制。開幕戦での先頭打者本塁打は、セ史上3人目、初球先頭打者本塁打は、セ史上初の快挙で華々しく幕を開けました。

巨人の先発は、今季期待の大きい左腕内海。巨人左腕開幕投手での勝利は1965年の金田正一氏以来と、これもまた42年ぶりの快挙。上原の故障でお鉢が回ってきたとはいえ、24歳の若武者が7回を2失点。十分に開幕投手の重責を果たしました。

最後は昨年、故障に泣いたストッパー豊田が9回を三者三振で幕を降ろしてゲームセット。

個人的には、仁志が横浜で頑張っていることが嬉しく、逆に同年代の清水や二岡、上原がグラウンドにいないのがさびしいですね。

結果的に、巨人の得点が3本の本塁打(高橋由・李・ゴンザレス)なのが少々気がかりですが、まぁ、長嶋終身名誉監督も観戦していたことですし、そのパワーを頂戴できたということにしておきましょう。


【PR】複数の新築マンションの比較・資料請求を行うことがでます

のなか通信管理人 * +巨人軍日記 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(2) * pookmark

複雑なのはきっと「堤内健」君

FA(フリーエージェント)で巨人に移籍した門倉投手の補償選手として、今年44歳になる工藤公康投手が横浜へ行くことになりました。

FA制度の中では人的補償が認められており、門倉を失った横浜は、巨人の支配下選手の内、プロテクト外の選手から補償選手を獲得することができます。巨人が工藤さんをプロテクトしていないのも不思議ですが、単純にトレードと考えたら、色々な意味で巨人は損した気がします。

今シーズンこそ13試合登板で3勝2敗、防御率4.50と振るわなかったものの、最速146キロのストレートを投げる通算215勝(129敗3S)の先発投手を失うことは痛い。さらに若手が享受できるはずだった様々な経験値を考えると、本当に痛いなぁ。門倉にこの埋め合わせをしてもらうには、相当働いてもらわなければソロバンが合わないと思われます。

プロ26年目の大ベテランは「今後も野球を続けたいので、指名拒否は考えていない」とのことですが、球界最年長選手として、球界の至宝として、横浜に行っても是非是非頑張ってください。球団の垣根を越えて、応援したいと思っています。

そうそう横浜は工藤さんに背番号「47」を用意しているそうですが、現在横浜で「47」を着けている堤内健は内心複雑な気持ちでいることでしょう。野球選手は背番号に愛着を持って日々励んでいるものですが、最近はそうでもないのかな?


【PR】複数の新築マンションの比較・資料請求を行うことがでます

のなか通信管理人 * +巨人軍日記 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

巨人軍・背番号大幅変更

巨人軍は、来季から背番号が変更される選手25人を発表しました。

ピッチャー
門倉   27(FAで横浜から新加入)
吉武   39(FAで移籍の小久保の補償でソフトバンクから新加入)
林  30→13
姜  97→17
高橋尚17→21
西村 23→30
野間口13→33
木佐貫21→41
野口 31→46
三木 41→57
越智 35→62
酒井 54→64
栂野 27→68

キャッチャー
村田善12→40
實松 69→53
星  38→58

内野手
小笠原   2(FAで日本ハムから新加入)
小坂  2→ 6
脇谷 57→23
李  33→25
小田嶋  45(仁志とトレードで横浜から新加入)

外野手
川中  0→00
木村拓58→ 0
谷     8(鴨志田・長田とトレードでオリックスから新加入)
鈴木 68→12
小関 49→31
亀井 25→35
大道   44(無償トレードでソフトバンクから新加入)
三浦 39→54

育成選手
佐藤弘96→100
山本 61→101

「心機一転、新しい巨人軍を目指そう」と原監督が発案した今回の背番号の大幅変更。清武代表は「背番号には原監督の期待と激励の意味が込められている。強い刺激を与えて強い巨人軍を目指したい」と語っておりました。高橋尚の21に「左のエースナンバー」、木佐貫の41には「大リーグの名投手、トム・シーバーのような剛速球投手に」など、監督の期待と激励の意味が込められているのですね。


【PR】安価でいろいろできちゃう私の一押しレンタルサーバーです
263円からのナウでヤングなレンタルサーバーロリポップ!
のなか通信管理人 * +巨人軍日記 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ