<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [タウンニュース横須賀版/連載企画] ジオラマ ミュージアム 第七回 | main | [タウンニュース横須賀版/連載企画] ジオラマ ミュージアム 第九回 >>

[タウンニュース横須賀版/連載企画] ジオラマ ミュージアム 第八回

今月もタウンニュース横須賀版にて横須賀・三浦半島を題材とした拙作ジオラマ連載が発刊となりましたのでお知らせいたします。

ジオラマミュージアム
横須賀の風情ある情景をジオラマで忠実に再現
タウンニュース連載8










連載第8回:JR久里浜変電所と水門踏切(1/150)


3月17日発行のタウンニュース横須賀版に連載記事が掲載されています。JR東日本・久里浜変電所はともかく、何故ここが水門踏切というのかが気になって、浅学ではありますが調べてみました。周辺は江戸初期には久里浜の遠浅の入り江が入り込んでいた海で、平作川や佐原川が注ぎ込んでいた場所でした。砂村新左衛門による江戸中期の埋め立てによって、難工事の末に内川入海新田として成立しましたが、134号線と踏切の間にある梅田橋に灌漑用水取込堰があったことに由来して、ここが水門踏切と名付けられたようです

年配の方のお話では、昭和49年(1974年)7月7日の台風8号による水害で平作川周辺の浸水が著しく、その後の河川改修工事に伴い、梅田橋周辺は約1.5mほど盛土されたようです。踏切周辺の不自然な起伏にも、”土地に歴史あり”といったことでしょうか。

川、踏切、変電所、鉄塔、高速道路。ジオラマとして楽しい要素がたくさん詰まったここ水門踏切。車でよくここを通る身として、「この景色も横須賀を代表する景色だなぁ」と思い、今回のジオラマ作成に至った次第です。

この連載と時期を同じくして、衣笠商店街仲通り・マルト陶器店さん前にて展示が始まっております。横須賀を代表するような情景を身近に楽しんでいただけることと思いますので、皆様お誘い合わせの上、どうぞ衣笠商店街まで足をお運びくださいませ。

ついでに私の店にも足をお運びくだされば幸いです!


横須賀市衣笠でNゲージの中古や新古品を積極的に買取しています!
レンタルレイアウトも開いています。遊びに来てください!
ホームページをごらんください
のなか通信管理人 * 横須賀ジオラマミュージアム * 15:13 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ