<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 復帰後初ホーマー | main | 夏の終わりに >>

いぶし銀の銅メダル

星野JAPANのふがいの無さに腹を立てていた今日でしたが、最後に400mリレーで快挙がありました。北京五輪・陸上男子400mリレー決勝が行われ、日本は38秒15のタイムで銅メダルを獲得しました。

 第1走者 塚原 直貴 23歳
 第2走者 末続 慎吾 28歳
 第3走者 高平 慎士 24歳
 第4走者 朝原 宣治 36歳

お気づきでしょう、一人だけ「おっちゃん」がいます(笑)。でもこのいぶし銀が最後に粘って、銅メダルをもぎ取ったのです。朝原さんは私よりやや年下なのですが、この年になってくると体力の衰え、つまり自分との勝負なんですよね。この年まで現役とは、本当に頭が下がります。

日本が短距離種目でメダルを獲得したのは史上初です。トラック競技では、戦前の1928年のアムステルダム五輪の人見絹枝さんがいるそうですが、いずれにしても初めてみたいなものです。

この種目、アテネ五輪では4位入賞して頭角を現してはいました。今回はメダル候補のアメリカやイギリスがバトンの受け渡しミスで予選敗退していたので、幸運といえば幸運でしたが、その幸運を掴むのも実力の内というもの。

良い走りを見せてもらいました。

※因みにこの競技の金メダル(37.10秒・世界新)は、あのボルトが加わったジャマイカでした


【PR】フラワーギフトの専門店。キャラクターのフラワーギフトも人気です。
Gift de お花屋さん
のなか通信管理人 * のなかのスポーツ日記 * 01:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ