<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 梅雨の晴れ間 | main | プリモプエル写真館更新! >>

W杯予選・オマーン戦(アウェイ)

敵地オマーンでのW杯アジア地区3次予選。前回のホームでの圧勝があったので今日も楽にいけるかと思いきや、かなり厳しい戦いとなりました。

前半12分にFKからゴール前の低いボールにアハメド・アルマハジリが合わせて右隅にシュート。これが決まって、先日とは異なり日本が追いかける展開に。結構良い展開にはなるもののゴールは決まらず、集中力を吹き飛ばすような暑さが体力をも消耗させるような試合。そのまま前半を終了と『いや〜な』展開。

早く追いつきたい日本は後半7分に、玉田が倒されPKを獲得。これを遠藤がいつものゆっくりとしたシュートで決め、やっと追いつけました。ところが直後の後半12分、闘莉王がペナルティーエリアでハシム・サレハを倒してしまい、オマーンにもPKが与えられてしまいました。正直『ヤバイ・・・』と思いました。ところがところがGK楢崎が身を挺してこのPKを止め、勝ち越しを許しませんでした。楢崎エライ!その後もチャンスとピンチの連続のような試合は続きましたが、結果1-1の引き分けとなりました。

途中、大久保がレッドカードで退場(オマーンも一人退場で数的には10-10)となりましたが、大久保らしい頂けない面でした。このところ丸くなったように感じていましたが、やはり彼らしいなぁと思ってしまいました。今日は負けなくて良かったと言う思いと、勝てたのにと言う思いが交錯する気持ちです。

さて、これで6/14のアウェイのタイ戦、そして6/22のホームでのバーレーン戦がますます負けられない試合となりましたね。


【PR】便利なインターネット購入、まだの方はこちらからどうぞ

のなか通信管理人 * のなかの蹴球日記 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ