<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 忙しいです | main | あんずのタルト >>

円高で1ドル100円突破

東京円、12年5か月ぶりに1ドル=100円突破(読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080313-00000030-yom-bus_all

年初比較で対ユーロで5円高、対ドルで9円高ですから、確かに円高が続いています。

円高進行など嫌気し、昨年来安値更新
http://biz.yahoo.co.jp/column/tpc/080313/080313_vbiz010.html

急な円高進行に材料の乏しいマーケットは敏感に反応しました。輸出企業のドル建て決済(売上)には大きな影響がありますが、これが本当の円高ならば原料の輸入(仕入)には円高が効いてくる筈ですから、この程度の水準では、すぐに企業業績が悪化するという懸念は尚早でしょう。

今回の円高は、日本自体の生産性の減退が起因している訳ではなく、サブプライム関連で欧米が相対的に減速したために起こったものですから、むしろサブプライム投信で出遅れた日本が「不幸中の幸い」と思いたいくらいです。急ブレーキ、急ハンドル然り、”急な”円高はもちろん危険ですが、1年前に比べて対ユーロで1円安、対ドルで16円高ですから、急な円高と言うよりも『急なドル安』の動きが顕著な訳ですね。

NY原油、110ドル突破=ドル安で6日連続の最高値(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080313-00000015-jij-int

なんていうニュースもあり、投機資金の流入場所となったアメリカの原油価格はこのところ高騰するばかりですが、日本の原油価格である東京市場のドバイ産原油価格は昨年11月から高値安定といった感じで推移しています。これだけで結果を導くのは拙劣ではありますが、アメリカ発のサブプライム問題、アメリカの景気減速懸念、為替相場、原油価格と多分にアメリカ経済の不健全さに端を発して、ドルの購買力(価値)が下がっているのだと思えます。

ところで、このところまた上がったガソリン価格への厭味ではありますが、為替相場が原油価格に反映されるのには時間がかかりますなぁ


【PR】ガソリン高騰のご時世。お得なカードで生活の足しに・・・

のなか通信管理人 * のなかの経済痛? * 22:13 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ