<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< やや忙しく | main | 勝手に私設踏切 >>

ゆうばり映画祭、市民の手で再開へ

夕張市に久々に明るい話題です。

市の財政破綻以来、資金難で休止をされていた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」が、この3月にも市民の手で再開される方向とのことです。映画祭は3月19日から5日間の予定で開催され、国内初公開の12作品を一挙上映するそうです。実行委員会は「夕張でしか見られない映画満載」とPRに余念がありません。

会場は、財政破綻でいったんは閉鎖された「ゆうばり市民会館」(市民運営)になるそうで、その他の企画も満載だそうです。個人的にはこの手作り感いっぱいの映画祭に、頑張ってほしい気持ちがいっぱいです。

1990年から続いてきた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。初年は動員8,470人と小規模でしたが、2006年の動員数は25,000人以上に上っていました。それでも、運営費約1億円の内、約3分の2を市が負担していました。

運営費を市に頼らずに、開催に成功することが出来れば、そのノウハウは市民にとって大いなる財産になる気がします。人口12,198人(2007年末)の夕張市に、映画祭関係者や観光客が25,000人もやってくれば、地盤沈下が続く夕張市にとっては、大きな『祭』となりそうです。

厳しい時ほど笑顔を忘れずに。映画祭の成功をお祈りしております。


【PR】よろしければ、格安航空券の検索もご利用ください!
国内格安航空券を価格比較!
国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
年 月 
海外・国内の格安旅行探しの決定版! Travel.co.jp



のなか通信管理人 * +自治体財政破綻問題 * 22:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ