<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 風邪気味、疲れ気味 | main | ホームズ彗星輝く! >>

いずれ行く道

元公務員、年金を重複受給 6千人分、年間13億円
(朝日新聞記事:2007年10月24日23時55分より引用)
公務員が特殊法人や公庫に出向した時に、厚生年金と共済年金の両方に重複して加入できる「復帰希望職員制度」を利用し、現在、両年金を重複受給している元国家公務員と元地方公務員が計約6000人いることが、財務省と総務省の試算で明らかになった。厚生年金と重複している共済年金の受給額は年間13億5000万円と推定されるという。

 24日の衆院厚生労働委員会で長妻昭氏(民主)の質問に両省が答えた。

 復帰希望職員制度は61年に設けられた。当時は共済年金と厚生年金の給付水準の差が今よりも大きく、公務員が民間に出向して厚生年金に加入すれば、将来受け取る年金額が相当低くなることに配慮。両方の保険料を支払えば両年金を受け取ることができるようにしたという。

 制度自体は79年に廃止されたが、当時の約束に基づき年金を重複して受け取っている受給者が元国家公務員で5150人、地方公務員で770人いると推定された。重複期間分の1人当たりの平均年金額は国家公務員が年額20万4000円、地方公務員は27万8000円。

 長妻氏は「重複している期間に払った共済分の保険料を返還した上で、給付もやめるべきだ」と主張。舛添厚生労働相は「今、受給している人から年金を引きはがすことは難しいが、対応を与党と検討したい」とした。 (引用ここまで)

一部に制度を悪用している人がいるのではないかとか、不公平感や数々の疑問が沸いてきてます。

いつか来た道、いずれ行く道なのにね。


【PR】健康や病気についての疑問を、医師に質問できるサービスです

のなか通信管理人 * +少子高齢化・年金介護問題 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ