<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おかげさまで10年目 | main | 最近気になっている物の一つ >>

PSE問題・事実上のお蔵入りへ

「中古家電が販売できなくなる?」なんて噂が本気で飛び交った昨年春頃のPSE騒動。

私も個人的に猛抗議しましたが、数々の矛盾に満ちたこの制度の決着として、経済産業省は関連法を秋の臨時国会にも改正する方針を示したそうです。

甘利経済産業相は、29日の記者会見の席でこの法律改正について
「安全性に問題がないという判断であれば、不必要な負担を軽くする」
と述べたそうです。その根拠として、同省が騒動後に中古家電の実態を調べたところ、旧電気用品取締法適合品と電気用品安全法(PSE)適合品を比べた場合、安全性に差がないことが確認できたと言う結果が出たそうです。

「まったく、そんなことは予め調べてから施行してくれよ」
と愚痴の一つも口を付いて出てしまいます。この騒動で本当に大きな痛手を受けましたし、廃棄や投売りした非PSE家電も1つや2つではありません。

経済産業省は今後ガイドラインを作成し、ガイドラインを守る業者を業界団体を通じて認証するそうですが、果たしてそんな認証マークにどれほどの価値があるのでしょうか。否、周知下手の経産省の認証したマークに価値なんてないでしょう。

都合の良い解釈かもしれませんが、こんな曖昧で迷惑千万な制度自体、事実上消滅みたいなものです。

【PSE問題 関連記事】
周知が全然足らない… (2006.03.07)
PSE問題・私の抗議一問一答 (2006.03.15)
PSE問題・意地を張る経産省 (2006.03.23)
PSE問題・9回裏に異変 (2006.03.24)


【PR】複数の新築マンションの比較・資料請求を行うことがでます

のなか通信管理人 * +PSE(製品安全)問題 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ