<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ADSL契約数減少へ | main | 124日ぶりのチーム復帰! >>

発火の恐れって、家のコピー機!?

キャノンの告知サイトによると、
1987年から1997年にかけて弊社にて製造・販売致しました小型複写機「PC7」、「PC80」および「PC100」の一部製品において、製造時または修理時における定着器ヒーターの配線接続時の作業不良により、極めて稀ではございますが発煙、発火に至る可能性のあることが判明しました。
とのこと。

以前よりこのブログに登場している当店のお騒がせコピー機PC-100。読売新聞のサイトを見ていてこの情報を知り、「PC-100って、家のじゃん!」ということとなりました。3機種あわせた出荷台数は、累計で14万1218台とのことなので、結構な数です。

当店の場合は使用時のみ電源を入れるという使い方なので、発火の恐れ自体はあまりないとは思うのですが、やはりこうなってくると不安なものです。キャノンさんの対応は、一部部品の無償交換との事なので、明日にでも無償点検窓口(0120-570-007)に相談してみようと思っています。

最近この手の情報がオープンになってきたことは、消費者の観点から見れば非常に良いことです。ユーザーとしても多少の面倒はありますが、家が丸焼けになるよりはありがたいことですね。


【PR】スキルがなくてもネットショップ開業が可能!?
ネットショップ開業ならOneStyle My Shop
のなか通信管理人 * +PSE(製品安全)問題 * 23:32 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ