<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 上原・最速タイ通算100勝 | main | 24時間テレビをチラッと見て・・・ >>

ネットの嘘発見器!?

朝日新聞の記事によると、
真偽が見極め難いさまざまな情報が乱れ飛ぶインターネット。その中で、ウソや間違いらしい情報を自動的に洗い出し、ネットの利便性を高めるシステムの開発に総務省が乗り出す。ネット上にある関連深い別の情報を探し出し、比較参照することで、情報の「デマ率」などを示す。研究機関と協力し、2010年までの開発を目指す。07年度予算では、まず3億円を要求する。

とのこと。情報の真偽を見極めることまで手放したら、人間のすることないじゃん。
っていうか、「この記事自体が嘘じゃないのか?」と思い、読み進めると、

ネット上の情報は、何人もの目で事前に校閲された出版物などに比べ、誤った内容が少なくない。信頼性を確かめるには、利用者が他の情報と付き合わせるなどの作業を行うしか手がない。総務省が構築を目指すシステムは、この選別をコンピューターで自動的にやらせるものだ。ネット情報のウソや間違いの「発見器」といえる。完成すれば、ある情報のデマ率を調べたり、ネットで検索するときに信頼性のある順番に表示したりできるという。「この情報はデマ率95%ですが表示しますか」などという注意表示もできるようになるとのこと。

要は、ネット上の情報の多数決をして、圧倒的に多い情報の方に軍配を上げる仕組み。誰かが、意図的に多数の間違った情報を登録したら、嘘が真になっちゃうのではと危惧する私。ネット社会の「性善説」を前提としたシステム開発と思われるが、意外とそうでもないというのが本当のところ。

ネット上で定説となってしまった嘘と、異なる真実。
それでも、「この情報はデマ率95%ですが表示しますか」なんて表示されちゃうのでしょうから。
さらに読み進めると、

扱う対象は、株式情報から国際情勢の解説、商品情報などさまざま。「この企業分析は適切か」「レバノン内政のこの記述は自然か」「オークションに出品されているこの外国電化製品の性能表示は本当か」などの疑問に答えられるようにするのが目標。開発の焦点は、インターネットのなかから信頼できる関連情報を見つけ出せるかどうかだ。そのために、知識を関連づけて書かれた内容の意味を正確に判定する技術や高度な自動翻訳技術などを編み出す必要がある。

インターネット経由の情報が必ずしも正しくないし、偏見に満ちていることなんて「当たり前のこと」と思っている私としては、「本当の真実は自分で経験したこと。それ以外の情報は臨機応変に自分なりに間引いて消化するように」心がけているつもり。それに、インターネットには報道資料からアングラな眉唾情報まであるから、面白いところもあるのでしょうに。

予算に3億円をいきなりかけないで、もっと他に使おうよ!


【PR】よろしければ、格安航空券の検索もご利用ください!
国内格安航空券を価格比較!
国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
年 月 
海外・国内の格安旅行探しの決定版! Travel.co.jp



のなか通信管理人 * のなかのひとりごと * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ