<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 野球版W杯開催へ | main | 高額納税サラリーマン >>

家電リサイクル法

今日はリサイクル家電(冷蔵庫)を捨てに行ってきた。メーカーにもよるが、今回捨てに行った場所は金沢区鳥浜。廃棄だけで横浜市まで出張るのは「遠いなぁ。」と思いつつも、出掛けてきた。

リサイクル家電とは、
家庭用の冷蔵庫/冷凍庫洗濯機ブラウン管テレビエアコンの4品目。
これらの家電はメーカーが(財)家電製品協会を通じて回収し、リサイクルすると言う訳。
リサイクル料金は大まかで、
冷蔵庫:¥5,000弱
洗濯機:¥3,000弱
テレビ:¥3,000弱
エアコン:¥4,000弱
でこの金額が廃棄において絶対的にかかる。
これに業者の運搬・手数料が加わるので、消費者の方々は結構な金額を負担しなくてはいけない。

我々業者にとっても、廃棄家電を運搬するのは冒頭に書いた通り結構な手間なのだ。郵便局でリサイクル料金を送金して、その代わりにもらった伝票を家電に貼付し、引取所まで運搬するのだ。1ドア冷蔵庫クラスならまだ良いのだが、今回のように400リットルクラス(高さ1.8m位)の冷蔵庫だと運搬や保管がさらに大変なのだ。

この法律のため、家電4品目に関して業者はリスクを背負う為、我々の中古買取基準が厳しくなっているのです。
※同様のことがパソコンやモニターにも言えるのです。
のなか通信管理人 * +家電リサイクル問題 * 23:43 * - * trackbacks(0) * pookmark

トラックバック

このページの先頭へ