<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

[タウンニュース横須賀版/連載企画] ジオラマ ミュージアム 第三十回

タウンニュース横須賀版にて隔月連載中、横須賀・三浦半島を題材とした拙作ジオラマ掲載号が発刊となりましたのでお知らせいたします。

2016年8月の連載開始から四年近く続いてきましたが、今回で30作品目。横浜・横須賀の情景をこの先も作りたい続けたい気持ちはあるのですが、店舗の空中庭園に広がるジオラマワールド(?)にもそろそろ限りが見えてきました。とりあえずあと数回は続けようと思っておりますが、果たして。

ジオラマミュージアム
横須賀の風情ある情景をジオラマで忠実に再現
タウンニュース30










連載第30回:浦賀水道(1/150)


3月20日発行のタウンニュース横須賀版に記事が掲載されています。今回の題材は、東京湾への入り口、浦賀水道です。

第27回連載記事にてドック入りしていた東京湾フェリー・しらはま丸出航です。第28回『久里浜のおばけ煙突』(1/1000)、第29回『海獺島』(1/300)とともに遠近法を利用した久里浜沖三部作として完結しました。今作から縮尺順に三作を俯瞰すると、久里浜沖の海域が広がって見えてくるっ…かも…w

浦賀ドックシリーズ(全4回)&久里浜沖シリーズ(全3回)と1年近く鉄道と離れた作品を作ってまいりましたので、次作は鉄道絡みの街角ジオラマを作成していこうと思っております。どうぞお楽しみにください。

横須賀中央駅徒歩5分、市役所至近の東京ガスライフバル横須賀中央(日・祝休)さんにて展示が始まるそうです。新型コロナウイルスが蔓延っております故、無理な外出は控えて、下アドレスのホームページにて作品をお楽しみくださいますと幸いです。



作者運営のYOKOSUKAジオラマギャラリーにて過去作品がご覧になれます
ホームページをごらんください
https://diorama.nnwork.net/
レンタルジオラマやジオラマ教室開催もやっております
のなか通信管理人 * 横須賀ジオラマミュージアム * 16:54 * comments(0) * - * pookmark

[タウンニュース横須賀版/連載企画] ジオラマ ミュージアム 第二十九回

タウンニュース横須賀版にて隔月連載中、横須賀・三浦半島を題材とした拙作ジオラマ掲載号が発刊となりましたのでお知らせいたします。

ジオラマミュージアム
横須賀の風情ある情景をジオラマで忠実に再現
タウンニュース29










連載第29回:海獺島(1/300)


1月17日発行のタウンニュース横須賀版に連載記事が掲載されています。今回の題材は、久里浜沖の海獺島(あしかじま)です。

久里浜の横須賀火力発電所から東へ1kmほどにある岩礁で、灯台と気象観測ステーションが風浪激しき中、出船入船を見守っております。釣り好きな人にはメジャーなポイントですが、むしろ市民に知らない方が多いようです。”横須賀にはこんなところもありますよ”的な今回の工作です。

前作『久里浜のおばけ煙突』と今作、さらに次作で久里浜沖三部作として完成する予定ですのでお楽しみにくださいますと幸いです。

横須賀中央駅徒歩5分、市役所至近の東京ガスライフバル横須賀中央(日・祝休)さんにて展示が始まるそうです。浦賀ドックも併せて展示中ですので、横須賀へお越しの際にはどうぞお立ち寄りくださいませ。

さらに足を延ばして私の店にもお買い物に来てくだされば幸いです!



作者運営のYOKOSUKAジオラマギャラリーにて過去作品がご覧になれます
ホームページをごらんください
https://diorama.nnwork.net/
レンタルジオラマやジオラマ教室開催もやっております
のなか通信管理人 * 横須賀ジオラマミュージアム * 21:35 * comments(0) * - * pookmark

[タウンニュース横須賀版/連載企画] ジオラマ ミュージアム 第二十八回

タウンニュース横須賀版にて隔月連載中、横須賀・三浦半島を題材とした拙作ジオラマ掲載号が発刊となりましたのでお知らせいたします。

ジオラマミュージアム
横須賀の風情ある情景をジオラマで忠実に再現
タウンニュース28










連載第28回:久里浜のおばけ煙突(煙突の縮尺1/1000)


11月15日発行のタウンニュース横須賀版に連載記事が掲載されています。今回の題材は、久里浜のおばけ煙突こと、横須賀火力発電所の三本煙突です。

1960年の横須賀火力発電所の稼働以来、長らく久里浜の情景の一部となっていた横須賀火力発電所の煙突。同発電所の老朽化の伴って近年解体撤去され、慣れ親しんだこの情景も過去のものとなってしまいました。記憶に鮮明な内に立体に残しておきたく、今回の工作となりました。

何故”おばけ煙突”かというと…

見る場所によっては3本が2本に見えたりするからなのですが、発電所の稼働開始当時は8本煙突の時期があり、足立区千住の元祖おばけ煙突に因んで年配の方の中にはそう呼んでいる方もいるようです。

横須賀中央駅徒歩5分、市役所至近の東京ガスライフバル横須賀中央(日・祝休)さんにて展示が始まっています。これまでと異なりジオラマミュージアムは期間の区切りのない常設展示になりました。東京ガスライフバル横須賀さんにしばらくご厄介になりそうです。横須賀へお越しの際にはどうぞお立ち寄りくださいませ。

さらに足を延ばして私の店にもお買い物に来てくだされば幸いです!



作者運営のYOKOSUKAジオラマギャラリーにて過去作品がご覧になれます
ホームページをごらんください
https://diorama.nnwork.net/
レンタルジオラマやジオラマ教室開催もやっております
のなか通信管理人 * 横須賀ジオラマミュージアム * 23:21 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

[タウンニュース横須賀版/連載企画] ジオラマ ミュージアム 第二十七回

タウンニュース横須賀版にて隔月連載中、横須賀・三浦半島を題材とした拙作ジオラマ掲載号が発刊となりましたのでお知らせいたします。

ジオラマミュージアム
横須賀の風情ある情景をジオラマで忠実に再現
タウンニュース連載27










連載第27回:浦賀1号ドック”最後のお客様”(1/150)


9月20日発行のタウンニュース横須賀版に連載記事が掲載されています。今回の題材は、神奈川県の久里浜港と千葉県の金谷港を結ぶ東京湾フェリーの大黒柱・しらはま丸です。

2002年に今も現役のしらはま丸が修理の為に浦賀1号ドックに入渠しました。浦賀ドックは翌2003年3月末で閉鎖になりましたので、この入渠が1号ドック最後のお仕事になったそうです。なので、タイトルはこの様になりました。

全4回に亘って浦賀ドックシリーズを作ってきましたが、クレーン2基、しらはま丸はそれぞれ単体では模型にすぎません。しかし舞台となるドックがあることで、全体としてジオラマに昇華できることが楽しいです^^

横須賀中央駅徒歩5分、市役所至近の東京ガスライフバル(日・祝休)さんにて展示が始まっているそうです。横須賀へお越しの際にはどうぞお立ち寄りくださいませ。

さらに足を延ばして私の店にもお買い物に来てくだされば幸いです!



作者運営のYOKOSUKAジオラマギャラリーにて過去作品がご覧になれます
ホームページをごらんください
https://diorama.nnwork.net/
レンタルジオラマやジオラマ教室開催もやっております
のなか通信管理人 * 横須賀ジオラマミュージアム * 09:06 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

[タウンニュース横須賀版/連載企画] ジオラマ ミュージアム 第二十六回

タウンニュース横須賀版にて隔月連載中、横須賀・三浦半島を題材とした拙作ジオラマ掲載号が発刊となりましたのでお知らせいたします。

ジオラマミュージアム
横須賀の風情ある情景をジオラマで忠実に再現
タウンニュース連載26










連載第26回:浦賀1号ドック(1/150)


7月19日発行のタウンニュース横須賀版に連載記事が掲載されています。今回の題材は、浦賀にある住友重工横須賀造船所浦賀工場(旧・浦賀船渠)の1号ドックです

レンガ造りのドックとして現存するのは世界で5基だけという貴重な産業遺産です。前作、前々作のクレーン達を伴って、造船大国だった往時を再現してみました

製作期間7か月、全3回で浦賀1号ドックがやっと完成しました。全長120cmの大きな作品ですが、なかなかに迫力があり思い入れ強い作品になりました^^

今回も作品に因んで浦賀駅至近・クールクランウラガさん(カフェ)にて展示が始まっているそうです。横須賀へお越しの際にはどうぞお立ち寄りくださいませ。

さらに足を延ばして私の店にもお買い物に来てくだされば幸いです!



作者運営のYOKOSUKAジオラマギャラリーにて過去作品がご覧になれます
ホームページをごらんください
https://diorama.nnwork.net/
レンタルジオラマやジオラマ教室開催もやっております
のなか通信管理人 * 横須賀ジオラマミュージアム * 09:23 * comments(0) * - * pookmark

[タウンニュース横須賀版/連載企画] ジオラマ ミュージアム 第二十五回

タウンニュース横須賀版にて隔月連載中、横須賀・三浦半島を題材とした拙作ジオラマ掲載号が発刊となりましたのでお知らせいたします。

毎度毎度ネタ作り&締切に苦しみながら、約三年。何とか目標の4分の1まで回を重ねました。以前よりもペースは落ちておりますが、まだ続けますのでどうぞよろしくお願いいたします。

ジオラマミュージアム
横須賀の風情ある情景をジオラマで忠実に再現
タウンニュース連載25










連載第25回:浦賀1号ドックのジブクレーン(1/150)


5月24日発行のタウンニュース横須賀版に連載記事が掲載されています。今回の題材は、浦賀1号ドックのジブクレーンです。

現在も健在なこのクレーンは、レンガ塀越しに現地で見ることができます。今でこそペンキも塗りなおされきれいな感じですが、モデルは現役時代をイメージして作成しております。

次回工作にて前回今回クレーンを含めた浦賀1号ドックを再現していこうと思っております。どうぞお楽しみにください。

作品に因んで浦賀駅至近・クールクランウラガさん(カフェ)にて展示が始まっているそうです。横須賀へお越しの際にはどうぞお立ち寄りくださいませ。

さらに足を延ばして私の店にもお買い物に来てくだされば幸いです!



作者運営のYOKOSUKAジオラマギャラリーにて過去作品がご覧になれます
ホームページをごらんください
https://diorama.nnwork.net/
レンタルジオラマやジオラマ教室開催もやっております
のなか通信管理人 * 横須賀ジオラマミュージアム * 09:11 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

[タウンニュース横須賀版/連載企画] ジオラマ ミュージアム 第二十四回

タウンニュース横須賀版にて隔月連載中、横須賀・三浦半島を題材とした拙作ジオラマ掲載号が発刊となりましたのでお知らせいたします。

ジオラマミュージアム
横須賀の風情ある情景をジオラマで忠実に再現
タウンニュース連載24










連載第24回:浦賀1号ドックのガントリークレーン(1/150)


3月15日発行のタウンニュース横須賀版に連載記事が掲載されています。今回の題材は、浦賀のランドマークである1号ドックのガントリークレーンです。

現在は倒壊を防ぐためにアーム部分が切り離されて、タワーの傍らにサビサビの状態で鎮座しております。モデルでは造船業がまだ華やかかりし頃をイメージして現役時代を作成しております。

これから3回に亘って浦賀1号ドックを再現していこうと思っております。久々大きな作品になりますが、どうぞお楽しみに。

今回も三春町の東京ガスライフバルさんにて展示が始まっているそうです。横須賀へお越しの際にはどうぞお立ち寄りくださいませ。

さらに足を延ばして私の店にもお買い物に来てくだされば幸いです!


横須賀市衣笠でNゲージの中古や新古品を積極的に買取しています!
レンタルレイアウトも開いています。遊びに来てください!
ホームページをごらんください
のなか通信管理人 * 横須賀ジオラマミュージアム * 01:26 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

[タウンニュース横須賀版/連載企画] ジオラマ ミュージアム 第二十三回

タウンニュース横須賀版にて連載中、横須賀・三浦半島を題材とした拙作ジオラマ掲載号が発刊となりましたのでお知らせいたします。

ジオラマミュージアム
横須賀の風情ある情景をジオラマで忠実に再現
タウンニュース連載23










連載第23回:山崎小学校の桜(1/150)


1月18日発行のタウンニュース横須賀版に連載記事が掲載されています。今回の題材は、公郷トンネルを出て坂道を道なりに下っていくと、右手の山崎小学校の桜と京急線の鉄橋が見えてくる辺りの情景です。

横須賀市立山崎小学校の桜は、横須賀市の景観重要樹木にも指定されているそうですが春先は本当に綺麗に咲きそろいます。まだまだ寒い日が続きますが、ジオラマでは一足先に春爛漫な風景を再現してみました。

作品に因んで今回も三春町の東京ガスライフバルさんにて展示が始まっているそうです。横須賀へお越しの際にはどうぞお立ち寄りくださいませ。

さらに足を延ばして私の店にもお買い物に来てくだされば幸いです!


横須賀市衣笠でNゲージの中古や新古品を積極的に買取しています!
レンタルレイアウトも開いています。遊びに来てください!
ホームページをごらんください
のなか通信管理人 * 横須賀ジオラマミュージアム * 08:23 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

今年もお世話になりました

今日はクリスマス、もうすぐ今年も暮れていきますね。
ともするとマンネリになりがちな日々ですが、今年新しいことを始めました。

横須賀ジオラマギャラリー
https://diorama.nnwork.net/

主催する団体『文芸復興会』と『YOKOSUKAジオラマギャラリー』というホームページを通じて、将来の横須賀に本物のジオラマミュージアムを作ろうと考えており、来る年からはこの夢への賛同者を気長に募ることになりそうです。

それまでは私の店舗に空中庭園のような仮設ジオラマミュージアムを増設していき、夢実現のための募金をこれまた気長に募ってみようと思います。

いずれにしても気長な私の旅ですが、ジオラマミュージアムの夢も”還暦”ころまでには何とか形にしたいなぁ。

これからも横須賀を題材にしたジオラマ制作も続けていきます!

アーク衣笠店共々、来年も宜しくお願いいたします。


横須賀市衣笠でNゲージの中古や新古品を積極的に買取しています!
レンタルレイアウトも開いています。遊びに来てください!
ホームページをごらんください
のなか通信管理人 * 横須賀ジオラマミュージアム * 09:13 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

[タウンニュース横須賀版/連載企画] ジオラマ ミュージアム 第二十二回

タウンニュース横須賀版にて連載中、横須賀・三浦半島を題材とした拙作ジオラマ掲載号が発刊となりましたのでお知らせいたします。

ジオラマミュージアム
横須賀の風情ある情景をジオラマで忠実に再現
タウンニュース連載22










連載第22回:懐かしの京急安浦駅(1/150)


11月16日発行のタウンニュース横須賀版に連載記事が掲載されています。 今回の題材は、今から四半世紀前頃の京急安浦駅(現・県立大学駅)です。戦前・戦後と複雑な歴史を背景に持った安浦の地ですが、現在は神奈川県立保健福祉大学の最寄り駅となっております。

昭和5年竣工のお洒落なとんがり屋根の木造駅舎は非常に印象的でした。昭和62年に京浜安浦駅から京急安浦駅へ名称変更。さらに平成16年に県立大学駅へ改称し、翌年には駅舎も立て替えられました。駅前の道筋以外、今では思い出の中の風景です。

作品に因んで三春町の東京ガスライフバルさんにて展示が始まっているそうです。横須賀へお越しの際にはどうぞお立ち寄りくださいませ。

さらに足を延ばして私の店にもお買い物に来てくだされば幸いです!


横須賀市衣笠でNゲージの中古や新古品を積極的に買取しています!
レンタルレイアウトも開いています。遊びに来てください!
ホームページをごらんください
のなか通信管理人 * 横須賀ジオラマミュージアム * 08:26 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ