<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カクテルフルーツのタルト

自家製「カクテルフルーツのタルト」を作りました。
カクテルフルーツタルト
カクテルフルーツタルト

タルト生地とカスタードのレシピが必要な方は、こちらを参照ください。今回からオーブンレンジを変えたので焼き加減が心配だったのですが、この様に美味しそうに出来上がりました。カスタードを搾り出して、水気を切ったカクテルフルーツ缶詰をトッピングして出来上がりです。

缶詰のわりに見た目も派手で、味もなかなかです。お試しあれ!


【PR】フラワーギフトの専門店。キャラクターのフラワーギフトも人気です。
Gift de お花屋さん
のなか通信管理人 * +デザート日記 * 22:57 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

あんずのタルト

今日はホワイトデー。目が回るほど忙しいのですが、自家製「あんずのタルト」、こればかりは欠かせません。

いつもならばレシピをおすそわけとなるのですが、今回はクリスマスの”ベリーのタルト”の時に冷凍していたタルト生地を使って、カスタードを作って、あんずの瓶詰めをトッピングして、簡単に作ってしまいました。タルト生地とカスタードのレシピが必要な方は、こちらを参照ください。

あんずのタルト
この様に美味しそうに出来上がりました。今回は若干カスタードを甘めに作ったのですが、あんずの酸味と丁度良いハーモニーを奏でている気がします。

いつもよりは少々手を抜いた感は否めませんが、日ごろの感謝の気持ちに変わりはありません。いつもありがとう!


【PR】フラワーギフトの専門店。キャラクターのフラワーギフトも人気です。
Gift de お花屋さん
のなか通信管理人 * +デザート日記 * 23:46 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ベリーのタルト

今日はクリスマスイヴ。我が家の手作りクリスマスの主賓、今年は「ベリーのタルト」を作ってみました。そのレシピをおすそわけです。

1枚分(径21cm)+アルファの材料は、
◆タルト生地
薄力粉 130g
砂糖 55g
無塩バター 80g(マーガリンで代用可)
塩 少々(マーガリンの時は不必要)
全卵 1個


◆カスタード
卵黄 3個
砂糖 80g
薄力粉 40g
牛乳 300ml
バニラエッセンス 少々


◆トッピング
冷凍いちご&ブルーベリー 1袋

トッピング







今回のトッピングは冷凍食品を使ってみました。世界にオンリー1のタルト、頑張って作りましょう!

下準備
◆タルト生地

バターは室温で溶かしておき、粉はふるっておくとベター。ボールに材料を全て入れ、よくこねます。材料同士がよく馴染んだら、ラップをして冷蔵庫で2時間寝かせます。2時間経ったら、生地に打ち粉をしながら、麺棒で延ばし、適当な厚さ(皿が透けるのは薄すぎです)でタルト皿に乗せて行きます。※この時、忘れずにタルト皿側にバターを薄く塗っておくこと。
中央部はフォークで穴をまんべんなく開けておきます。この状態で更に30分冷蔵庫で寝かせます。その後、180度で15分〜20分様子を見ながら焼けば、タルト生地は完成です。
タルト生地





※しばらく冷蔵庫で待機、余った生地はクッキーに…

◆カスタードクリーム
鍋に卵黄と牛乳を若干入れて混ぜ、更に砂糖・薄力粉を加えて混ぜます。だまが出来ないように気をつけながら、残りの牛乳を加えて、中火にかけてます。木ベラなどで終始混ぜながら、ねっとりとしたクリーム状になるまで煮ます。粗熱が取れたら、バニラエッセンスを加えて、カスタード完成です。※冷める前にバターを10g程入れて混ぜると、照りが良くなり、粉っぽさも和らぎます
カスタードクリーム



※絞り袋に入れて、こちらも冷蔵庫でしばらく待機です。

作成
下準備さえ整えば、作成は至って簡単。
渦まき
タルト生地をベースにカスタードクリームを渦巻状にまんべんなく搾り出して、
完成です

その上に冷凍食品のいちごとブルーベリーを並べていきます。冷蔵庫で十分冷やしてから、どうぞ。
当家オリジナルの「ベリーのタルト」完成です。
プラスアルファ
妻へのささやかな気持ちとして、小さなベリータルトも作ってみました。タルト生地を作ったときに一緒に作った「星型クッキー」を添えて…。










【PR】フラワーギフトの専門店。キャラクターのフラワーギフトも人気です。
Gift de お花屋さん
のなか通信管理人 * +デザート日記 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

もち米いらずのおはぎ・牡丹餅(ぼたもち)

お盆ですので牡丹餅(ぼたもち)と思ったものの、もち米がありません。今回はもち米がなくてもできる牡丹餅を工夫して作ってみました。

10〜12個分の材料は、
ご飯 1合
あん 400〜500g
片栗粉 100g程度
砂糖 大さじ1〜2(お好みで調節)
お塩 小さじ1程度

と至ってシンプル。あんも100円ショップで買ったので、本当に安価にできてしまいます。

作り方
ボールに片栗粉を入れ、棒の様なものでかき混ぜながら、ゆっくりと水を注ぎます。
※水はそんなに多くはいりません
かき混ぜて、片栗粉がよく融けたら、ボールにラップをかけて電子レンジで1分。ボールの底に寒天状の固形物ができているはずですので、少し冷ましてからこれを細かく微塵切りにします。
もち米風?
炊き上がったご飯(1合分)に砂糖と塩、そしてこの微塵切りを混ぜ、木べらで押し潰すような感じでしばらく混ぜ合わせてから、電子レンジで30秒程加熱します。
さらに木べらでつくような感じでよく混ぜると、モチモチしたもち米風の粘りが出てきていると思いますので、これを冷まします。

手に粉をまぶしながら、牡丹餅大のご飯の玉を作れば、中身の準備は完了。

後はラップにあんを乗せ、広げたところにご飯の玉を乗せ、ラップで包んでいけば出来上がり。
ぼたもち
もち米を少量手に入れるのも下準備もやや大変ですので、普通のご飯でできるこの牡丹餅、是非お試しあれ。
※美味しく食べるには冷蔵庫に入れては駄目ヨ

ところで「牡丹餅とおはぎの違いって?」と思い、ちょっと調べてみました。
1.牡丹餅は春のお彼岸(牡丹の季節)、おはぎは秋のお彼岸(萩の季節)に食べるもの

2.秋は小豆の収穫期で収穫したばかりの小豆をあんにすることができるので、柔らかい皮ごとつぶしてつぶあんができます。逆に春には越冬した皮の固い小豆を使うことになりますので、こさないと口当たりが悪くなりますのでこしあんができます。よって、春のぼたもちはこしあんで、秋のおはぎは粒あんとなるそうです。

3.春は牡丹餅、秋はおはぎ。では、夏と冬は何か? 答えは、夏は「夜船」・冬は「北窓」ですって。理由はこちら

これも昔の日本人の季節感と言うか、言葉遊びなのでしょう。面白いですね。


【PR】安価でいろいろできちゃう私の一押しレンタルサーバーです
263円からのナウでヤングなレンタルサーバーロリポップ!
のなか通信管理人 * +デザート日記 * 22:51 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

レアヨーグルトチーズ

今年もこの日がやってきました。そう、今日はホワイトデー。バレンタインでーには、手作りの生チョコをもらったので、その気持ちに応えて「レアヨーグルトチーズ」を作ってみました。今日はそのレシピをおすそわけです。

1枚分(径21cm)の材料は、
◆タルト生地
薄力粉 130g
砂糖 50g
無塩バター 80g(マーガリンで代用可)
塩 少々(マーガリンの時は不必要)
全卵 1個


◆ヨーグルトチーズクリーム
クリームチーズ 100g
プレーンヨーグルト 100g
砂糖 30g
レモン果汁 15cc
粉末ゼラチン 5g


◆トッピング
ブルーベリージャム 適量
レモン果汁入り砂糖水 適量


少々手間はかかりますが、日ごろの感謝の気持ちを込めて頑張ります!


下準備
◆タルト生地
バターは室温で溶かしておき、粉はふるっておくとベター。ボールに材料を全て入れ、よくこねます。材料同士がよく馴染んだら、ラップをして冷蔵庫で2時間寝かせます。2時間経ったら、生地に打ち粉をしながら、麺棒で延ばし、適当な厚さ(皿が透けるのは薄すぎです)でタルト皿に乗せて行きます。※タルト皿側には予めバターを薄く塗っておくこと。
その後中央部はフォークで穴をまんべんなく開けておくこと。
タルト生地1

この状態で更に30分冷蔵庫で寝かせます。
その後、200度で15分様子を見ながら焼けば、完成です。
タルト生地2

タルトを冷ましてから、温めたレモン果汁入り砂糖水をハケでたっぷり塗っておくと、しっとりと良い食感になります。
※しばらく冷蔵庫で待機、余った生地はクッキーに…

◆ヨーグルトチーズクリーム
ボールに細かく切ったクリームチーズを入れ、電子レンジで30秒ほど加熱したものにヨーグルト・砂糖・レモン果汁の順番で加えながら、ハンドミキサーなどでよく混ぜ合わせていきます。最後に50ccの水に入れた粉ゼラチンを電子レンジで30秒ほど加熱し、ゼラチンが溶けた状態の湯をボールに加え、更によく混ぜ合わせていきます。
ヨーグルトチーズ



作成
さぁ、下準備はOKですか。といっても後はタルト生地にヨーグルトチーズクリームをまんべんなく盛り付けるだけです。
盛りつけ
レアヨーグルトチーズケーキ
クリームが固まるまで冷蔵庫で十分に冷やしたら、当家オリジナルの「レアヨーグルトチーズ」の完成です。そのままでももちろん美味しいですが、お好みに応じてブルーベリージャムを添えると、より本格っぽく見えますよ。


※妻よ、いつも苦労をかけるが、今年もヨロシクね。


【PR】フラワーギフトの専門店。キャラクターのフラワーギフトも人気です。
Gift de お花屋さん
のなか通信管理人 * +デザート日記 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

りんごのタルト

今日はクリスマス。我が家の手作りクリスマスの主賓「りんごのタルト」を作ってみました。そのレシピをおすそわけです。

1枚分(径21cm)の材料は、
◆タルト生地
薄力粉 130g
砂糖 50g
無塩バター 80g(マーガリンで代用可)
塩 少々(マーガリンの時は不必要)
全卵 1個

◆カスタード
卵黄 2個
砂糖 50g
薄力粉 25g
牛乳 200ml
バニラエッセンス 少々

◆トッピング
りんご 1個
シナモン 少々


手間はかかりますが、1年の感謝の気持ちを込めて頑張って作りましょう!
--------------------------------------------------------------------------------
下準備
◆りんご

皮を剥いてスライスにして、りんごの食感が残る程度に水・砂糖・シナモンを適量で煮ておきます。
※少しレモン汁を入れると気が利いています

◆タルト生地
バターは室温で溶かしておき、粉はふるっておくとベター。ボールに材料を全て入れ、よくこねます。材料同士がよく馴染んだら、ラップをして冷蔵庫で2時間寝かせます。2時間経ったら、生地に打ち粉をしながら、麺棒で延ばし、適当な厚さ(皿が透けるのは薄すぎです)でタルト皿に乗せて行きます。
※タルト皿側には予めバターを薄く塗っておくこと。
その後中央部はフォークで穴をまんべんなく開けておくこと。
この状態で更に30分冷蔵庫で寝かせます。
その後、180度で15分〜20分様子を見ながら焼けば、完成です。

冷ましてから、りんごの煮汁をハケでたっぷり塗っておくと、しっとりと良い食感になります。

◆カスタードクリーム
鍋に卵黄と牛乳を若干入れて混ぜ、更に砂糖・薄力粉を加えて混ぜます。だまが出来ないように気をつけながら、残りの牛乳を加えて、中火にかけてます。
木ベラなどで終始混ぜながら、ねっとりとしたクリーム状になるまで煮ます。
粗熱が取れたら、バニラエッセンスを加えて、カスタード完成です。
※冷める前にバターを10g程入れて混ぜると、照りが良くなり、粉っぽさも和らぎます
--------------------------------------------------------------------------------
作成
下準備が整えば、作成は至って簡単。タルト生地をベースにカスタードクリームを渦巻状にまんべんなく搾り出して、その上にりんごを並べます。冷蔵庫で十分冷やしてから、どうぞ。

当家オリジナルの「りんごのタルト」完成です。
りんごのタルト

りんごのタルト








そんな我が家の今夜の食卓はこんな感じ。
ピザも手作りです。
妻の一年間の労をささやかながら労いたいと思います。


【PR】当店でも利用しています。未払いリスクにさようなら
後払い決済のネットプロテクションズ
のなか通信管理人 * +デザート日記 * 02:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

牛乳かんてん

さっぱりとしたデザート、ミルク寒天を作ってみました。

材料は、
牛乳  500cc
砂糖  大さじ2〜3(お好みで調節)
粉寒天 4g
バニラエッセンス 少々(お好みで)

と至ってシンプル。

さらに作り方も簡単。
鍋に牛乳200cc・砂糖・粉寒天を入れて、2〜3分火にかけながら良く混ぜ溶かします。煮溶けたら残りの牛乳も入れて、混ぜつつ冷まします。

寒天はゼラチンほど気を使わなくていいので、気楽ですね。我が家の独特なところは、ここでバニラエッセンスを少々入れること。お試しあれ。

タッパーなどに流し入れ、粗熱を冷ましたら、冷蔵庫で冷やし固めるだけで出来上がりです。
牛乳寒天
意外と美味しいのでビックリしますよ。


【PR】約30万点の商品の中から価格の比較を行うことがでますが、寒天はないようです(笑)
のなか通信管理人 * +デザート日記 * 23:55 * comments(0) * trackbacks(1) * pookmark

苺のタルト

今日はホワイトデーですね。我が家の奥方への感謝の気持ちを込めて、オリジナル「苺のタルト」を作ってみました。そのレシピをおすそわけです。

1枚分(径21cm)の材料は、
◆タルト生地
薄力粉 130g
砂糖 50g
無塩バター 80g(マーガリンで代用可)
塩 少々(マーガリンの時は不必要)
全卵 1個

◆カスタード
卵黄 2個
砂糖 50g
薄力粉 25g
牛乳 200ml
バニラエッセンス 少々

◆トッピング
いちご 1パック
あんずジャム 適量
あんずシロップ 適量

少々手間・時間はかかりますが、日ごろの感謝の気持ちを込めて頑張りましょう!


下準備
◆いちご
へたをっとって半分に切っておきましょう。

◆あんずシロップ
あんずの瓶詰めなどから利用します。鍋でこのシロップにあんずジャムを適量といておきます。
※ちょっと甘めでねっとりしてるくらいで丁度良いです。

◆タルト生地
バターは室温で溶かしておき、粉はふるっておくとベター。ボールに材料を全て入れ、よくこねます。材料同士がよく馴染んだら、ラップをして冷蔵庫で2時間寝かせます。2時間経ったら、生地に打ち粉をしながら、麺棒で延ばし、適当な厚さ(皿が透けるのは薄すぎです)でパイ皿に乗せて行きます。
※パイ皿側には予めバターを薄く塗っておくこと。
その後中央部はフォークで穴をまんべんなく開けておくこと。
この状態で更に30分冷蔵庫で寝かせます。
その後、180度で15分〜20分様子を見ながら焼けば、完成です。
タルト生地完成
冷ましてから、あんずシロップをハケでたっぷり塗っておくと、しっとりと良い食感になります。
※トッピングまで更に冷蔵庫で待機。

◆カスタードクリーム
鍋に卵黄と牛乳を若干入れて混ぜ、更に砂糖・薄力粉を加えて混ぜます。だまが出来ないように気をつけながら、残りの牛乳を加えて、中火にかけてます。
木ベラなどで終始混ぜながら、ねっとりとしたクリーム状になるまで煮ます。
粗熱が取れたら、バニラエッセンスを加えて、カスタード完成です。
※冷めたら、搾り袋に入れてやはり冷蔵庫で待機。


作成
さぁ、下準備はOKですか。タルト生地をベースにカスタードクリームを渦巻状にまんべんなく搾り出します。
カスタード盛付
その上に切っておいたいちごを並べます。

この状態でも十分美味しそうですが、
更にあんずシロップをハケなどでいちごの上から塗っていきます。
苺タルト完成!

冷蔵庫で十分冷やしてから、どうぞ。
当家オリジナルの「苺のタルト」完成です。
美味しいヨ!
※かぁちゃん、いつもありがとう!

のなか通信管理人 * +デザート日記 * 23:28 * - * trackbacks(0) * pookmark

洋梨のタルト

クリスマスイヴということで今日は当家オリジナル「洋梨のタルト」のレシピをおすそわけです。

1枚分(径21cm)の材料は、
◆タルト生地
薄力粉 130g
砂糖 50g
無塩バター 80g(マーガリンで代用可)
塩 少々(マーガリンの時は不必要)
全卵 1個

◆カスタード
卵黄 2個
砂糖 50g
薄力粉 15g
牛乳 200ml
バニラエッセンス 少々

◆トッピング
洋梨 1個
生クリーム 100cc
砂糖 適量


少々手間&時間がかかりますが、頑張りましょう!


下準備
◆洋梨
洋梨は皮をむいて薄切りにし、水と砂糖で煮ればOK。
洋梨
※煮汁はタルト生地に使いますので、とっておいてね。

◆タルト生地
まず、ボールに材料を全て入れ、よくこねます。材料同士がよく馴染んだら、ラップをして冷蔵庫で2時間寝かせます。
2時間経ったら、生地に打ち粉をしながら、麺棒で延ばし、適当な厚さでパイ皿に乗せて行きます。
※パイ皿側にバターを薄く塗っておくこと。
※中央部はフォークで穴をまんべんなく開けておくこと。
この状態で更に30分冷蔵庫で寝かせます。
その後、180度で15分〜20分様子を見ながら焼けば、完成です。
タルト生地
少し冷ましてから洋梨の煮汁をハケで塗っておくと、しっとりと良い食感になります。
※トッピングまで更に冷蔵庫で待機。

◆カスタードクリーム
鍋に卵黄と牛乳を若干入れて混ぜ、更に砂糖・薄力粉を加えて混ぜます。だまが出来ないように気をつけながら、残りの牛乳を加えて、中火にかけてます。
木ベラなどで混ぜながら、クリーム状になるまで煮ます。
バニラエッセンスを加えれば、完成です。
カスタード
※冷めたら、搾り袋に入れて冷蔵庫で待機。

◆生クリーム
生クリーム
市販の生クリーム100ccに対して大さじ1の砂糖を加え、角が立つまでよく泡立てればOK。


作成
さぁ、下準備は完了ですね。
タルト生地をベースにカスタードクリームを渦巻状にまんべんなく搾り出します。
その上に洋梨を並べ、更にカスタード、洋梨を層にします。
トッピング
この状態でも十分美味しそうですが、
更に生クリームをトッピングすると、味に幅ができます。
洋梨のタルト
当家オリジナルの「洋梨のタルト」の完成です。

のなか通信管理人 * +デザート日記 * 23:59 * - * trackbacks(0) * pookmark

牛乳いらずのドーナツ

無精者の私にも出来るドーナツ、ただ思っていたよりも大変でした(^^;

大皿2盛分の材料は、
薄力粉 400g
バター  60g(普通のマーガリンで代用可)
砂糖  120g
全卵 1個
卵黄 1個分
ベーキングパウダー  10g
水  110cc
ミルクパウダー  30g(クリープとか。省略も可能)
バニラエッセンス 少々

と比較的揃え易いものばかり。もっと言うと、薄力粉+ベーキングパウダー+バニラエッセンスはホットケーキミックスでも代用OK! でもその際は砂糖を若干控えめに。

では、作り方を。
ボールにバター60gを入れ、そのまま30秒〜1分程度電子レンジでチンします。溶かしバター状態になっていると思います。
その中に砂糖120gと卵黄・全卵・バニラエッセンスを泡だて器でかき混ぜながら振り入れ、さらに水110ccにミルクパウダーを溶かしてから注ぎいれます。
薄力粉とベーキングパウダーを他のボールであらかじめ混ぜておきます(ふるっておけば更に良し)。
※無精な人は極端な話ですが、材料を全部入れてかき混ぜるだけ。
数回に分けて粉を振り入れて、木ベラ等でさっくりと混ぜて合わせていきます。ちょっと緩い塊を形成できるようになるので、打ち粉をしたラップとラップではさみ、麺棒等で厚さ5mm程度に延ばし、冷蔵庫で30分ほどねかせておきます。

30分程度ねかせたら生地が落ち着きますので、
型を抜いて、160〜170℃の油で狐色になるまで揚げます。
ドーナツ揚げ
延ばしたり、ねじったりと形もいろいろと試しましたが、やはり型で抜くシンプルなものが出来上がりも食感も良いようです。中に餡子やジャムも入れたりもしてみましたが、あまり皮を厚くすると上の温度では揚げきれませんし、皮が破れると爆ぜて大変でした(笑)。
ドーナツ
どうでしょう、うまく出来ましたか?
冷蔵庫で保存すれば3・4日は美味しくいただけますし、揚げたては揚げたてでまた格別です。
のなか通信管理人 * +デザート日記 * 23:53 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ