<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

尊き春の日

1年で一番忙しい時季を終え、店もお休みして完全休養日となった9日。自衛艦いずもを見に横須賀港まで出掛けました。

この3月に就役したばかりの”いずも”は海上自衛隊で最大の護衛艦で、見た目にはヘリ空母そのものです。”いずも”と入れ替わりに横須賀から舞鶴へ転属した”ひゅうが”も大きかったけれど、”いずも”は輪を掛けて大きい!

艦船好きの私にはたまらない瞬間ですが、私に付き合ってくれている妻には少々気の毒な海風の冷たさでした。

護衛艦いずも















昨日の冬の様な寒さと強い風のせいで、公園では桜の花びらが川の様に流れていました。

桜の川















中央のバーガーキングでワッパー買って、図書館に寄って、のんびり散歩。

今日は良い一日。
のなか通信管理人 * のなかのひとりごと * 22:38 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

グリーン・グリーン惜しまれつつ閉館

気が付けば9月も今日で終わり。お彼岸に行けなかった墓参りのついでに、本日を以って44年の歴史にピリオドを打った二俣川駅のグリーン・グリーンに行ってきました。
2014年9月30日















親戚が近所に住んでいた関係で、子供の頃から馴染み深かったグリーン・グリーン。運転免許試験場とは反対の降口なので、最近は随分とご無沙汰していました。ほぼ40年前の昔話ですが、ひいじいちゃんとひいばあちゃんからお小遣いをもらって、プラモデルを買った(確か2階だったかな)のを記憶しております。「当時からプラモデルかよ!」と苦笑しつつ、大きく変わった二俣川駅と消え行くグリーン・グリーンを眺めて、しばしノスタルジーの時間。最近こういう時間が増えてきました。

↓開店当初(昭和45年)のグリーン・グリーン(展示写真よりの引用) 1970年のグリーン・グリーン(展示写真よりの引用)
















そんなノスタルジーの9月ではありましたが、可愛いものも作れましたのでちょっとご紹介。
↓今月の工作・京急さんのマスコット「けいきゅん」
けいきゅん
のなか通信のカテゴリー、鉄道模型工房にも他のアングルでの画像が載っております。
興味のある方はどうぞ気軽にのぞきに来てください!





鉄道模型(Nゲージ)の中古品買取を行っております!
筆者運営の横須賀市衣笠の店舗ですが、レンタルレイアウトもやっております!
ホームページをごらんください
のなか通信管理人 * のなかのひとりごと * 23:25 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

悪の帝国増殖中(笑)

この時季、本当に月並みな言葉ですが”暑い”ですね。当地・横須賀では、今夏降雨が体感として極めて少ない。ラジオを聞いていると横浜方面では夕立が降っているのですが、横須賀は厚い雲が垂れ込めるだけ。日々夕立が欲しいと切望しております。

私は私でこの時季としては例年に無いほどに忙しく、酷暑と相俟って『休みたい…』と思いながら、明日も熱中症との闘いです。トホホ。。。

そんな最中、ささやかな楽しみは冷房の利いた部屋での模型作り。最近では悪の帝国を作り揃えてご満悦(笑)。

超巨大戦艦















ちょうど1年前から作りためていた宇宙戦艦ヤマトのプラモデル・ギャラリーには愚作がコンプリートされつつあります。チープでシンプルな旧作版プラモデルを弄っているので、出来は”それなり”ですが、お好きな方はお立ち寄りください。

宇宙戦艦ヤマト・ギャラリー



横須賀市衣笠でNゲージの中古や新古品を積極的に買取しています!
レンタルレイアウトも開いています。遊びに来てください!
ホームページをごらんください
のなか通信管理人 * のなかのひとりごと * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

いまさらですが、小惑星探査機”はやぶさ”を作りました

気が付けば年末です。12月に入ってすぐのことでしたが、不注意から両足にちょっとひどい火傷を負ってしまい、つい最近まで不自由な生活をしていました。3週間も入浴ができずに色々とストレスの溜まる時期でしたが、なんとか元に戻りつつある今日この頃です。

火傷をして丸2日間は一睡も出来ない状況でした。火ぶくれが潰れてしまわないようにラップで患部を覆い、その上からひたすら氷枕で冷やし続けましたが、患部の発する熱ですぐに温まってしまうので大変。それでも10日も経てば痛みも少し収まってきて、いたって元気な上半身は何かを作りたくてウズウズ。そんな折に今回紹介しますアオシマ社製プラモデルの”はやぶさ”を作った次第です。

日本中に一大センセーショナルを巻き起こした、かの有名な小惑星探査機”はやぶさ”の1/32モデルです。もうちょっと元気ならば、イオンエンジンなどに電飾したりするところなのですが、今回はこれ以上火傷する訳にはいかず、半田ごては封印となりました。

完成写真を撮って、CG合成した画像も作成してみました。 アオシマ 1/32 小惑星探査機”はやぶさ”
















↓はやぶさがイトカワに軟着陸!? はやぶさ イトカワ到着!?
















↓サンプルを持って戻ってきたよ! さよなら”はやぶさ”
















いまさらですが、”健康が一番”と改めて認識する私でした。


横須賀発、快適生活のお手伝い!
網戸の張替から賃貸住宅の退去前の相談まで幅広く承っております
ホームページをごらんください
のなか通信管理人 * のなかのひとりごと * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

夏休みの自由課題!? 宇宙戦艦ヤマトの古いキットで遊ぶ

夏は過ぎたはずなのに暑い日が続きます。この夏は、働いては”ぐてぇ”働いては”ぐてぇ”の繰り返しで酷暑を何とか生き延びてきました。そんな日々の中で新たな楽しみを見つけましたが、それが宇宙戦艦ヤマトのプラモデル。

以前にも何かの折に書いた気がしますが、子供の頃のアニメ番組と言えば『宇宙戦艦ヤマト』と『機動戦士ガンダム』が間違いなく二大巨頭。首都圏TBS系日曜17時に放映されている『宇宙戦艦ヤマト2199』を録画で楽しく見ている私としては、至極自然な形でプラモデルを手にとっています。但、2199版のプラモはディティールも良いけどお値段も良いので、昔の安いキットで遊んでいます。

30年以上前に1個100円で売っていたメカコレクションが、今でも200円で買えるのです。品質もディティールもそのままですが、気軽な工作の題材としてはうってつけ。「ガミラス艦」や「三段空母」などを200円で買ってきては、2日位遊べる訳ですから、嫁も文句は言いません(笑)。

今回はちょっと奮発して1/700宇宙戦艦ヤマトのプラモ(安売りで1050円)を購入して2199版っぽく工作して、電飾を組み込んでみました。個人的には納得のいく工作ができましたので、この場でちょっとだけご紹介させていただきます。

1/700宇宙戦艦ヤマトプラモデル 電飾ヤマト




































横須賀発、快適生活のお手伝い!
網戸の張替から賃貸住宅の退去前の相談まで幅広く承っております
ホームページをごらんください
のなか通信管理人 * のなかのひとりごと * 21:17 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ガーリック ミート モンスター

私の大好きなバーガーキングがこの夏元気です。7月26日から豪快スタミナバーガー「GARLIC MEAT BEAST(ガーリック ミート モンスター)」を販売しているとのこと。このところ忙しくてバテバテな私にとっては渡りに船、単品650円で買って来ました。
GARLIC MEAT BEAST
牛・豚・鳥の3種の直火焼きミートとカリカリのスライスにんにくがドサッと入っている感じ。特に香ばしいチキンが美味しい。

ご覧の通り、ボリューム満点な感じです。

これ食べて元気出そ・・・。
のなか通信管理人 * のなかのひとりごと * 21:47 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

2012年を振り返って

マヤ暦が途切れるため、一部では終末思想が取り沙汰された2012年でしたが、あと数時間で暮れて行きます。皆さんの2012年はいかがでしたでしょうか。私は新しいことにチャレンジした一年でしたが、上手くいかないこともあり予想通り大変な一年となりました。

終末思想が蔓延る社会背景には、ここ数年の世界的にも様々な社会不安があるのかもしれません。政治や景況に文句のひとつも言いたいことはありますが、自分のことは自助するしかないと思って頑張ろうと思っています。ただ、そう思っていても納得がいかないニュースが多かったのも今年の率直な感想でした。

中でも一番納得がいかなかったニュースは、東日本大震災の復興予算流用の話。福島県を中心に自宅で年を越せない人々もまだ沢山いて、がれきの山も残り、高台造成もままならず、放射能汚染水や残土の処理に苦慮を重ねているのに、復興予算で省庁の耐震化にその予算を執行している者に深い憤りを感じました。この問題をはじめとして東日本大震災が社会的に風化してきている空気を個人的には肌で感じます。

本来オールジャパンで立ち向かうべきこの時期に、与党では権力闘争が行われ、様々な課題で地域間や世代間の闘争が激化している気もしました。ここ数年の竹島や尖閣諸島、北方領土といった国土をめぐる一連の動きでの外交はとてもお粗末でしたが、そのせいで逆にナショナリズムを刺激されてオールジャパンになっているのも皮肉なものです。

私の尊敬する偉人・後藤新平翁の言葉「自助・互助・自制」の三訣。
「まずは自らを修め、見返りを求めずに他人を思いやる」
このことを個人・地域・政治・外交などのあらゆる局面で皆が実践できれば、もう少し明るい未来も見えてくるのではないかと愚考する次第です。

自殺者数が毎年三万人前後で推移するこの社会において、これを読んでくださる方も私もなんとか2013年を迎えることができそうです。これこそ自助の賜物、今は厳しくとも希望を持って前向きに頑張りましょう(自戒)。

いつも気に掛けご声援をくださる皆様、今年もありがとうございました。
のなか通信管理人 * のなかのひとりごと * 18:49 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コタツが焦げ臭い!?

このところ寒い日が続きますが、冬はコタツが大好きな私です。ところが今朝コタツをつけると、妙に香ばしい、いや焦げ臭い臭いが部屋に広がりました。3年ほど前にも同様の事が起こったので、ヒーター部分の埃が溜まったのだと判断。ヒーターを取り外しました。

すると、案の定埃まみれになっていました。
うわっ










筆やブラシで細かいところに入り込んだ埃を落とすと、3年間の垢がこんなにも溜まっていました。
3年の垢















冬場になると、コタツ付近から出火などという新聞記事を見たりしますが、こういうことなのだなぁとちょっと反省。普段はまったく気にしないので、気をつけないといけませんね。
きれいになった










今年は大掃除を一気にせずに徐々に行おうと思っていましたが、これは先触れですね。お掃除を生業にしているにもかかわらず、”紺屋の白袴”で恥ずかしい限りです。皆さんもどうぞお気をつけください。もしもお近くの方で同様の事がありましたら仕事としてご相談に乗りますので、どうぞお声をおかけください。

横須賀発、快適生活のお手伝い!
網戸の張替から賃貸住宅の退去前の相談まで幅広く承っております
ホームページをごらんください
のなか通信管理人 * のなかのひとりごと * 21:09 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

2011年を振り返って

気が付けば大晦日と言う煩雑な一年でしたが、多くの方々と交流しながら年を越せそうです。

今年を振り返ると、やはり忘れられないのは3月11日の大震災とそれにともなう現在まで続く諸問題の数々です。我が家は被害と言う被害こそありませんでしたが、震災直後のガソリン不足や買い占めによる物不足を経験することで、我々が頼り切っている現代生活の脆さを本当に実感しました。

私の一生のテーゼは「自主自立」なのですが、物質的な豊かさに価値観を置いている以上、現代生活の脆さを克服することはできないと思い至りました。折も折ブータン国王夫妻の来日もあり、”GNH”という日本人には目新しい価値観が取り沙汰されましたが、これからの日本の在り方に一石を投じた気がします。これまでもかなり自由な生き方をしている私ですが、もっと私らしい生活をすることで、さらなる「自主自立」を目指すべきだと漠然と考えており、これを四十歳台の目標にしようと思っているところです。

ただ、震災直後の人々が助け合いながら生きている姿を見て、やはり人間は社会性の生き物なのだとも再認識したりもしました。自分だけに都合の良い「自主自立」ではなく、「自助共存」も頑張らねばなりません。

我が家だけの話で言いますと、来年は厳しい船出となりそうですが、新たに始めようとしている事もあります。またこの場でご紹介できればいいなと思っております。

今年も皆様ありがとうございました。
のなか通信管理人 * のなかのひとりごと * 18:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

冷蔵庫が冷えない!

もう10年近く使っている我が家の冷蔵庫。2週間ほど前から冷凍は利いているのに冷蔵が冷えていないような気がする状態が続いていましたが、昨日冷蔵庫に入れていたにもかかわらず豆腐が腐ったのをきっかけに冷蔵庫を自力で修理することにしました。

といっても原因は恐らく霜。コンプレッサーの故障やガス抜けであればお手上げなのですが、そうならば冷凍も同様に冷えないはず。冷凍が冷え、冷蔵が冷えないということは、クーラーの周りに霜が成長し冷蔵への冷気の吹き出し口を塞いだのだろう。作業に取り掛かろうと野菜室の引き出しを取り出すと、奥に横たわる大きな氷の塊。

「こんなところにまでこんなに氷が・・・」

本来、この背板の奥のクーラーフィンやファンの部分に霜が付くはずなのに、外部にまでこんなに漏れ出ていて、氷のせいで背板が外せない状態に。最初はドライヤーを吹き当てて溶かそうとしたのですが、大きく成長した氷を前にラチがあきません。最後には熱湯をかけながら背板をはがすような力技でしたが、やっと冷却部分にたどり着きました。

あけてビックリ!氷河期の氷漬け冷凍マンモスのような冷却部分。氷塊が冷蔵庫への風の通路を完全に塞いでおりました。これらをアイスピックで砕いたり、お湯で溶かしたりしながら、やっと氷河期を脱した我が家の冷蔵庫。半日がかりの作業でしたが、機能を取り戻しました。

汗だくになりながら、直った冷蔵庫を前にちょっとご満悦な私。めでたし、めでたし。
冷蔵庫故障。。。
のなか通信管理人 * のなかのひとりごと * 21:23 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ