<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2008年のおせち

新年明けましておめでとうございます。忙しかった年末を乗り越え、かなりのんびりとした寝正月を過ごしています(笑)。本年も宜しくお願いいたします。

早速ですが、今年はこんな感じ。
2008年のおせち

おせちは、毎年自家製で作っているのですが、伊達巻、栗きんとん、酢レンコン、ごぼうとこんにゃくの合わせ煮、ささみの竜眼焼き煮豚ローストビーフ、煮物、かんてんなどなど、今年も自家製の好物を集めたおせちとなりました。今年は出世魚「ぶり」が食卓に加わりました。

そんな「おせち料理」について、ちょっと調べてみました。


おせちの起源は、暦上の五節供(節句)から来ています。五節供とは、1月7日の人日、3月3日の上巳、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽の五つを指し、節供の前夜から神様にお供えをし、日が改まってから、そのお下がり(節振舞)を家族そろってあずかります。この料理を「節供(せっく・せちく)料理」と言い、現在ではお正月の節振舞のことを特に「おせち料理」と呼ぶようになったそうです。※因みに端午の節句の粽(ちまき)も節供料理のひとつです

また、お正月に火を使うことを避けるという「物忌」の意味もあり、歴史的には、江戸時代後半に民間から広まった風習だそうです。縁起が良く、保存の利く食材を抽出して、めでたさが重なる意味を込めて「重箱」に詰めるのですが、重箱は三段重と五段重が一般的に用いらていたそうです。地方地方で様々な様式がありますが、

一の重は、祝い肴…三つ肴とも言い、黒豆、数の子、田作り、たたきごぼう等
で、間の重に
・口取り…色合いもきれいで甘いものとして、栗きんとん、伊達巻、蒲鉾、昆布巻等
・魚の焼き物
・酢の物(なます、酢蓮根)
を挟んで、最後の重には、煮物という詰め方が一般的なようです。

さらに、五段重の場合、五段目には何も入れずに空けておき、将来さらに繁栄し、富が増える余地を示すそうですから、いやはや昔の人の考えは粋ですねぇ。そこで、中に入っている食材についても調べてみました。相当に縁起を担いでいますので、江戸時代の人のユーモアを感じます。

紅白蒲鉾
紅は邪気を払い、白は清らかな心を表し、平安・平和という縁起

栗きんとん
きんとんは「金団」とも書き、その黄金色に輝くところから財宝に見立て、「豊かな1年を」という縁起。また「勝ち栗」から栗自体が縁起物です

昆布巻
昆布は「養老昆布」と書いて「よろこぶ」に通じるので、不老長寿という縁起

数の子
にしん(二親)から多くの子が出るので、子孫繁栄という縁起

ごぼう
細く長く地中にしっかり根を張り、根気強くという縁起

蓮根
レンコンの穴を通して将来の見通しがきくという縁起

伊達巻
「伊達」は洒落者を意味し、巻物は文化や勤勉を育むという縁起

これだけの「めでたさ」や「縁起」を内包したおせち料理ですのありがたく頂きたいものだと思います。


【PR】安価でいろいろできちゃう私の一押しレンタルサーバーです
263円からのナウでヤングなレンタルサーバーロリポップ!
のなか通信管理人 * のなかの料理日記 * 19:13 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

伊達巻

今日は大晦日、おせち料理作りも大詰めを迎えました。定番の伊達巻のレシピをおすそわけ。

一本分の材料は、
はんぺん…1枚
卵…4個
砂糖…大さじ3
はちみつ…大さじ1
みりん…大さじ1
だし汁…大さじ3


下ごしらえ
すべての材料をミキサーに入れ、1分程度回して、卵液を作っておきます。
※ミキサーがないときには、すり混ぜればOKです

調理
焼いています

四角いフライパンに油を薄く塗っておき、しっかりと熱しておきます。一度火からおろして粗熱を取ったところに、先程の卵液を流し込み、ふたをしたまま弱火で10分程蒸し焼きにします。





巻く前玉子焼きのように焼きあがったら、ラップを敷いた"すだれ"の上に乗せ、しっかりと巻き込んでいきます。最初の部分が巻き込みにくい場合は、浅く隠し包丁を入れておくと、巻きやすくなります。
巻いた後




巻き終わったら、輪ゴムできつめに止めて、そのまましっかりと冷まします。
後は食べやすい大きさに切って出来上がりです。
伊達巻
もう4,5年前のことですが、初めて出来上がったときに「伊達巻って、簡単に作れるんだぁ」と感動したことを思い出します。最初の頃は、四角いフライパンでなく、丸いフライパンで作ったので、端っこと真ん中で太さの違う伊達巻が出来たりしましたが、今となっては良い思い出です。それまでは市販の伊達巻を買っておりましたが、自分で作ってみることは、本当に楽しいことです。焼き加減以外は、非常に簡単ですので、どうぞお試しを!



【PR】よろしければ、格安航空券の検索もご利用ください!
国内格安航空券を価格比較!
国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
年 月 
海外・国内の格安旅行探しの決定版! Travel.co.jp



のなか通信管理人 * のなかの料理日記 * 22:35 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ささみの竜眼焼き

年も押し迫り、おせち料理作りもたけなわ、そんな中での一品が今回の竜眼焼きです。我が家のおせちの定番品なので、レシピをおすそわけ。

材料は、
鶏のささみ肉…4〜5本
ウズラの卵…8〜10個
のり…4〜5枚
小麦粉…適量
片栗粉…適量
しょうゆ…適量
みりん…適量
酒…適量


下ごしらえ
下味付けささみの筋を取って開き、しょうゆ・みりん・酒を1:1:1の割合で混ぜた液(適量)に1時間程度浸して、下味をつけておきます。また、ウズラの卵も茹でて、殻をむいておきましょう。


調理
巻く前ささみの汁気をキッチンペーパーなどでふき取り、ラップを当てて麺棒で軽く叩き、広げていきます。適当な大きさに広がったら、ラップを取って、小麦粉を軽く振り、のりを乗せて、最後にウズラの卵2個を巻き込んでいきます。


巻いた後巻き込んだ後は、楊枝で止めると扱いやすくなります。これに片栗粉をまぶして、油で揚げます。あまり熱い温度で揚げると、中の方が生焼けになりますので、温度は加減してみてください。外側が良い色になりましたら、油をよく切りましょう。


竜眼焼き卵の真ん中に当たるところで切り分けて出来上がりです。※つまり、一個の塊から三個出来ることになります

今回は使ったのりが柔らかかったので、竜の眼が涙目の様にになってしまいましたが、味はなかなかです。このような料理を作っていると、「今年も終わりだなぁ…」としみじみ思ってしまいます。



【PR】安価でいろいろできちゃう私の一押しレンタルサーバーです
263円からのナウでヤングなレンタルサーバーロリポップ!
のなか通信管理人 * のなかの料理日記 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ローストビーフ

クリスマスやおせち料理にも利用できる簡単ローストビーフ。
我が家御用達の特売肉でもそれなりに美味しく出来ますので、レシピをおすそわけ。

今回の材料は、
牛もも肉…1塊(約500g)
塩…大さじ1
こしょう…大さじ1
 ※粗挽きがあれば尚良
サラダ油…大さじ2

と一応目安量は書きましたが、適当量でも結構美味しく出来ます(笑)。

下ごしらえ
お肉をタコ糸で縛り、塩やこしょうをまんべんなくこすりつけ、味が染み込むまで冷蔵庫で4〜5時間ねかせます。

調理
オーブンレンジ200℃で約30分焼いていくのですが、その際に全体にサラダ油を掛けておくことと、焼け方の偏りをなくすために途中で上下をひっくり返すことが、上手に仕上げるためのポイントです。
下ごしらえ





焼き上がったらバット等に移して、冷えるまで待てば出来上がり!
完成です





ラップで包んで、冷蔵庫で保存すれば、1週間程度は美味しく頂けます。ローストビーフというと、なにやら敷居の高い感じを受けますが、簡単に出来てしまいます。
ローストビーフ













薄く切り分けて、ニンニクしょうゆなどでどうぞ!


【PR】クリエーター必見!仕事情報満載でいいことあるかも


のなか通信管理人 * のなかの料理日記 * 23:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

こんにちは2007年

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。何とか年を越すことができました。のんびりした気持ちの良いお正月を過ごしています。

今年のおせちはこんな感じです。
おせち2007基本は今年も自家製。伊達巻、栗きんとん、酢レンコン、こんにゃくの土佐煮、ささみの竜眼焼き、煮豚、ローストビーフ、煮物、かんてんなど自家製の好物を集めた我が家自慢のおせちです。今年はローストビーフが良い感じで出来上がりました。

そんなおせちを食した後、夫婦で念願の自転車でのツーリングに出かけました。5時間ばかりかけて、休み休みですが横須賀市内を周ってきました。ここ数年、私の体調がその様なことのできる状態ではなかったものですから、このようなことができるという些細なことでも感慨ひとしおです。

途中、初詣した神社で通り雨をやり過ごしたりもしましたが、今年こそ「復活の年」にしたいと思っております。
のなか通信管理人 * のなかの料理日記 * 23:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

今年のおせち

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。
忙しかった年末を乗り越え、ちょっとのんびりしたお正月を過ごしています。

おせちは、毎年自家製で作っているのですが、
自家製おせち
今年の我が家(神奈川県横須賀市)のおせちはこんな感じです。
かまぼこや昆布巻き、数の子やサーモンは既製品ですが、あとはすべて自家製のおせち。特注のおせちや数万円する高級なおせちには敵わないものの、
・伊達巻
・栗きんとん
・酢レンコン
・こんにゃくの土佐煮
・ささみの竜眼焼き
豚の角煮
煮豚
・チキンロール
・煮物

など自家製の好物を集めた我が家自慢のおせちです。
いずれ、レシピをご紹介したいと思いますが、個人的に今年は伊達巻がお気に入りです。

あ、因みに当家の雑煮は味噌仕立てです。
のなか通信管理人 * のなかの料理日記 * 23:20 * - * trackbacks(0) * pookmark

豚の角煮

これからの時期、おせち料理にもバッチリの豚の角煮。美味しく出来たので、レシピをおすそわけ。

今回の材料は、
豚バラ肉 1塊(約600g)
おろししょうが 小さじ1
長ねぎ (青い部分)1本分
料理酒 200cc
みりん 100cc
砂糖 大さじ3
醤油 90cc
塩 1つまみ
水溶き片栗粉 適量


手間と時間はかかりますがじっくり煮るとより美味しく出来ますよ。

調理
豚バラ肉はブロックのまま油を敷かないフライパンで全面にしっかりと焼き色をつけ、余分な脂を落とします。
※結構煙が出ますので、換気扇を回しましょう。
大きめの鍋に水1リットル、ねぎ、おろししょうが、焼き色をつけた豚肉を入れて強火にかけます。沸騰したら弱火にし、90分コトコトゆでます。
角煮1

豚肉はゆでこぼし、流水で冷ましながらアクを洗い流します。洗った後、1cm幅に切り分け、鍋に水300cc、酒200cc、みりん100cc、砂糖大さじ3を入れて沸騰させたところ豚肉を入れます。
※醤油はまだですよ。
角煮2

再沸騰したら弱火にし、落し蓋をして20分煮ます。醤油90cc、塩1つまみを加え、さらに20分ほど煮ます。
角煮3

火を止め、ふたをしたまま20〜30分ほど置いて味をなじませます。
水溶き片栗粉でとろみをつければ、完成です。
豚の角煮

トロトロのお肉、甘さ絶妙のタレが何とも言えません。お試しあれ!
のなか通信管理人 * のなかの料理日記 * 23:34 * - * trackbacks(0) * pookmark

煮鳥丼

少し寒くなってきたこの時期、丼ものはなんとなく心とお腹が温まります。
ということで、今回は煮鳥丼。

今回の材料(4人分)は、
・鶏むね肉 2枚
・ごぼう 1/2本
・長ねぎの緑の部分 1本分
・おろししょうが 小さじ1
・醤油 100cc
・みりん 50cc
・酒 50cc
・砂糖 大さじ2

といたって安あがり。

下準備
ごぼうに付いている泥をよく洗い落とし、ごぼう全体を包丁の柄や麺棒などでまんべんなく叩いておきます。
ごぼうは4〜5cmの長さに切り、さらにそれを断面の中心から4〜8等分します。
棒状のごぼう片が出来ますので、酢を入れた水をボールに張ってしばらくつけてあくを抜いておきます。
また、カップに醤油・みりん・酒・砂糖をそれぞれ入れ、味付調味料として作っておきます。

調理
フライパンに油をひき、強火で熱し、鶏肉に焼き色をしっかりとつけていきます。
鶏肉に焼き色がついたら、フライパンから鍋に移し、ごぼうと味付調味料・長ねぎの青い部分・おろししょうがを加え、お肉がヒタヒタに隠れる程度まで水も入れます。ふたはせずに、強火で火にかけ、煮立ったら弱火にして30分程煮込みます。15分に1回くらいお肉の上下を回転させ、アクは常時取るようにしましょう。煮汁が少なくなってきたら、火を止めます。
煮鳥丼
鶏肉はスライスし、煮汁をあらかじめよそっておいたご飯にまんべんなくかけ、盛り付けて完成です。

ごぼうの旨みが染み出た煮汁と温かいご飯と奏でるハーモニーは絶品ですよ!
のなか通信管理人 * のなかの料理日記 * 21:56 * - * trackbacks(0) * pookmark

煮豚

先日の台風の影響で客数が減っていたせいか、木曜日に駅前の西友で消費期限の迫った豚の肩ロースの塊が半額で販売されていた。そうしたら作るしかないでしょ、煮豚。美味しい煮豚のレシピをおすそわけ。

今回の材料は、
・豚肩ロース塊(400〜500g) 2個
・おろししょうが 小さじ1
・長ねぎの緑の部分 一本分
・醤油 100cc
・みりん 50cc
・酒 30cc
・砂糖 大さじ1

ととってもシンプル。

時間はかかりますがアクを取りながらじっくり煮てくださいね。
煮足りないと豚肉のエグ味が出て、美味しさを損ないます。

下準備
煮崩れないように荷造りするようにタコ糸を豚肉の塊にかけていきます。
また、カップに醤油・みりん・酒・砂糖をそれぞれ入れ、味付調味料として作っておきます。

調理
フライパンに油をひき、強火で熱します。そこにタコ糸で縛った豚肉を入れ、各面に焼き色をしっかりとつけていきます。
※結構煙が出ますので、換気扇を回しましょう。
焼き色がついたら、フライパンから鍋に移します。その時、余分な油はできるだけ落としましょう。鍋に先ほどの味付調味料・長ねぎの青い部分・しょうがを入れ、お肉がヒタヒタに隠れる程度まで水も入れます。ふたはせずに、強火で火にかけ、煮立ったら弱火にして45〜60分煮込みます。15分に1回くらいの頻度でお肉の上下を回転させ、アクは常時取るようにしましょう。
煮豚
煮汁がなくなってきたら、完成です。残った煮汁はタレとして利用します。
煮豚完成
さぁ、どうでしょう。視覚と嗅覚が胃袋を刺激すること間違いなし!
のなか通信管理人 * のなかの料理日記 * 20:47 * - * trackbacks(0) * pookmark

いなり寿司

商店街で油揚3枚入りが3パック(=9枚)105円と安かった。
これだけ油揚げがあれば、沢山いなり寿司をつくるぞ〜!

18個(9枚÷2)分の材料は、
■お揚げ
油揚げ 9枚
水 500cc
かつおだし 小さじ 2
しょうゆ 大さじ 3 
砂糖 大さじ 2
■酢飯
米 2合
酢 大さじ 4
砂糖 大さじ 3
塩 小さじ 1
酒 大さじ 3


いつもはレシピに我が家なりのこだわりがあったりするのだが、今回は至ってベーシックないなり寿司を作ってみた。だって普通のいなり寿司が食べたかったんだもん! 普通のおいなりさんのレシピ、おすそわけ。

さて、作り方を。恒例の下準備は、
■お揚げ
キッチンペーパーにのせた油揚げを電子レンジで1分ほどチンします。さらにお湯に通して、油抜きをしておきます。
油抜きを終えた油揚げを水500cc・しょうゆ大さじ3・かつおだし小さじ2を入れてひと煮立ちした鍋に入れ、5分程度煮ます。
一度火を止めて砂糖大さじ2を溶かし入れ、味が回るまでもう2〜3分煮立たせます。火を止めたら容器などに煮汁ごと移し、自然に冷めるまでほおっておきます。
お揚げ

■酢飯
2合分のご飯を炊いておきます。
炊き上がったらボールにご飯を入れ、酢大さじ4・酒大さじ3・砂糖大さじ3・塩小さじ1を混ぜ合わせたものをまんべんなく振り入れます。
うちわで扇ぎながらしゃもじなどで冷めるまで混ぜ合わせます。
酢飯

煮汁を切り、お揚げを2等分し、袋を割いて酢飯を詰めていきます。
スプーンを使って半分くらいを目安に詰めて、出来上がり!
お稲荷さん
好みに応じて、酢飯にゴマなどを入れるのもいいかも。
のなか通信管理人 * のなかの料理日記 * 23:07 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ